転職エージェントってスキルがある人の方が有利なの?

就職活動を効率良くすすめられるサービスに転職スカウトと呼ばれるものがあり、利用する人も少なくないようです。
転職活動をしたい人は、就職支援サイトに登録する際に自分の情報を記入し、スカウトを希望する人事担当者に見てもらいます。
情報を部分的に隠した状態で、どんな会社に転職したいか、どんなスキルを持っているかが閲覧可能な状態になります。
企業側は匿名の人材情報を元に自分の企業に欲しい人物を見つけることが出来るサービスなのです。
面接したいと思う人材がたいしては、直接本人に連絡をすることが出来るのです。
従来の就職活動では、会社は求人を出した後は待つばかりで、転職活動をする人がその求人を見つけ出して初めて接点ができます。
スカウトの利点は、企業側からも採用の見込みが高い人物を探すことができることにあります。
企業が面接をしたい人物を選び、面接でお互いの接点を改めて探ることができます。
会社にとって必要と思えば、面接の時点で採用を決定する事が出来るわけです。
転職活動をしている人からすれば、スカウト欄に情報を登録するだけで、会社側からアプローチがあることもあります。
スカウトを利用して転職活動をする人は大勢いるようです。
その職種である程度のスキルがあり、職務経歴も履歴書の内容もしっかりしている人であれば、転職スカウトサービスを利用しての就職率は高いといいます。