フラット35は時には損することもある?

住宅ローンの中にフラット35というものがあります。
フラット35の主な特長としては最長35年間同じ金利で返済をする事ができますので、低い金利で借りる事ができればずっと低い支払いですみますから収入が少ない方などにとっては見逃せない住宅ローンと言えるでしょう。
しかし、低い金利と言えども数年後には自分が借りた時よりもさらに金利が下がるという可能性もあります。
例えば1パーセントも金利が下がった時には支払い額も大きく違ってきますのでなんだか損した気持ちになると思います。
ところが反対に金利が上がるという可能性もありますのでその時には得した気分になると思います。
固定金利が良いのか変動金利が良いのか。
フラット35が良いのかその他の商品が良いのかは世の中の景気や勤め先の状況をみて判断するしかないようです。